本文へスキップ

愛知県尾張西部に位置する普通科と総合ビジネス科の併置校です

〒494-0001
 愛知県一宮市開明字樋西11番地1

TEL 0586-62-6155

FAX 0586-61-6653

http://www.kisogawa-h.aichi-c.ed.jp

since 1956
AICHI Prefectural KISOGAWA High School
  |  Japanese  |  English   |

部活動紹介club introduction < Club ActivitySchool Lifetop

総合実務部(男女)

 

(普通科) 私たちは、年に2回実施されている全商ビジネス文書実務検定の合格に向けて、日々タイピングの練習をしています。タイピングが得意になると、日常生活にとても役立ちます。また、興味のある人は、イタセンパラという淡水魚の保護活動に参加できます。ぜひ、一度見学に来てください。一緒に部活動を楽しみましょう。

(総合ビジネス科) 私たちは、授業で取得することのできない検定や国家資格の取得を目指して活動しています。2年生以降は、自分の進路に合わせた検定を中心に受検をします。私たちとともに、履歴書に書ききれないくらいの検定を取得しませんか。やる気のある人を歓迎します。情報処理棟1階で待っています。


なぜ、イタセンパラ?

部活動ニュース

 天然記念物のイタセンパラは、かつて長良川や木曽川にもたくさん見ることのできた淡水魚です。しかし、何年か前に絶滅危惧種に指定され、今では天然記念物として保護の対象となった魚です。
 本校では平成27年度より、尾西にある一宮市歴史民俗資料館で保護、飼育されてきたイタセンパラのうちの一部を学校の水槽で飼育することを許可いただきました。
 イタセンパラはだいたい1年しか生育しない魚と言われますが、本校で飼育しているもののうち、何匹かは2年目の冬を越すものもでました。イタセンパラは、とても繊細な魚で、驚くとものすごい速さで動き回りますが、普段は落ち着いてゆったりしている魚です。水槽は、本館事務室前に置かれています。ぜひ、一度ご覧になってください。
 また、イタセンパラの他に「木曽川に生息する魚たち」として数種類の魚を展示しています。日本在来種であるタモロコ、モツゴ、ギンブナをはじめ、外来種であるタイリクバラタナゴも観察することができます。どの生き物も現在、木曽川流域に生息しています。これらの水槽を通して、私たちの身近に流れる木曽川には絶滅危惧種イタセンパラを含む多くの生き物が生息しており、その生態系を未来に残す必要があることを伝えています。


活動内容等

大会予定 等 日常の活動
1学期

タイピング練習、検定勉強
イタセンパラの調査研究、発表作品の制作
木曽川ワンドの保全活動
2学期 同上
3学期 同上